広島県大竹市

厳神社の狛犬

(所在地:広島県大竹市 小方1丁目)



5478_itsuki_sando
参道



5636_ituki_haiden
拝殿



5583_ituki_r_un

5575_ituki_l_a
出雲狛犬に似た構え型の狛犬さんです.

「弘化二年乙巳九月吉日」の刻字があります.











| | コメント (0)

大歳神社の狛犬

(所在地:広島県大竹市 松ヶ原町)

9953_ootoshi_haiden_2
拝殿

9928_ohtosi_a_2

9926_ohtosi_un_2

典型的な広島玉乗り狛犬さんです.
「廿日市 石工 吉末正人」と刻字されています.

(昭和十五年八月吉日 建立)

| | コメント (0)

松河原神社の旧狛犬

(所在地:広島県大竹市 小方町後飯谷)

7787_matsugawara_sandoh
急坂を登り,さらに石段を上がった山頂に鎮座します.

7804_matsugahara_a

7806_matsugahra_un

参道の一の狛犬,二の狛犬は新狛犬さんです.

旧狛犬さんは境内東隅に置かれています.
吽形は酷く破損しています.

(建立年月日 不明)

| | コメント (0)

宮久保神社の狛犬

(所在地:広島県大竹市 栗谷町小栗林)

7992_miyakubo_zenkei
石の一の鳥居を潜ると,赤い二の鳥居が有り拝殿があります.

7933_miyakubo_a
7956_miyakubo_un
広島玉乗り狛犬さんです.
石工 西村四郎の刻字があります.

(大正十五年丙寅十月 建立)

| | コメント (4)

大歳神社の狛犬

(所在地:広島県大竹市 玖波)

8671_kuba_ohtosi_a

8669_kuba_ohtosi_un

首が長く垂れ耳で立ち尾の玉乗り狛犬さんです.大きな玉に前足を乗せています.

砂岩のように見えますが,壊れはありません.

(文政六年未九月 建立)

| | コメント (0)

狛犬探訪記 大瀧神社

4月5日,三度目の参拝です.

一の狛犬さんを撮影していると,品の良い老婦人に声を掛けられました.

「お見せしたい物があります.ついていらっしゃい」

老婦人は先代宮司の奥様でした.拝殿に上がり,さらに祓殿(神殿の前,祭事をするところ)まで上がりました.そこには60cmばかりの木彫の狛犬さんがありました.阿吽共に獅子型で彩色も新しく見えたので,お聞きしたところ昭和(戦後)年代に地元の彫刻家に制作を依頼されたものだそうです.古い物もあったそうですが,一部は戦後の荒んだ時期になくなったようです.

ここの神殿狛犬さんは,右が阿形の獅子で左が吽形の一角獣(狛犬)です.一角獣(狛犬)の角は宝珠に作られています.

7460_ohtaki_sinden_a

7461_ohtaki_sinden_un

狛犬さんは神を守護する霊獣ですが,随身も神を守る衛士です(神域を守ると言った方が正しいかもしれません) 右に矢大臣,左に左大臣が置かれます.共に弓矢を持ち,太刀を帯びています.狛犬さんと同じく木彫で湖粉彩色されています.ここでは拝殿内の両脇に置かれています.一般には境内入り口に,寺院の仁王門のような随身門を築き,そこに置かれます.

(広島市光町の尾長天満宮には立派な随身門があります.備後地方では随身門のある神社を散見します)

7464_ohtaki_yadaijin

7466_ohtaki_sadaijin

ここ大瀧神社には,プロスキーヤー三浦雄一郎氏が海外遠征のとき,必ず持参するというお守りがあります.今度のエベレスト遠征にも持って行かれたそうです.愛媛県面河在住の城本画伯の作品で,こう(魚へんに皇と書きます)魚がデザインされています.

6919_omamori

実は私も持っています.

| | コメント (0)

大瀧神社 四の狛犬

7471_ohtaki_4a

7482_ohtaki_4un

護国神社に多い型の狛犬さんです.

(大正九年一月 建立)

| | コメント (0)

大瀧神社 三の狛犬

7495_ootaki_3a

7502_ootaki_3un

(皇紀二千六百一年 建立)

| | コメント (0)

大瀧神社 二の狛犬

1635_ohtakijinja_2a

1640_ohtakijinja_2un

(文化元年 建立)

| | コメント (0)

大瀧神社 一の狛犬

(所在地:広島県大竹市 白石)

1582_ohtakijinnja_1a

1599_ohtakijinnja_1un

(大正十二年十月 建立)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧