« 大歳神社の狛犬 | トップページ | 南方八幡宮 二の狛犬 »

南方八幡宮 一の狛犬

(所在地:山口県宇部市 西岐波山村)

当神社には四対の狛犬さんがありますが,台石毎全て左右逆に置かれています.台石に刻字されている奉献の文字は,参道を拝殿に向かって進むと右手に「奉」左手に「献」が正面に見えるのが正しく,像は一般的に右手に阿形を左手に吽形が置かれます(稀に逆に製作されているものもあります) 右の像は体の左側,左の像は体の右側が正面になります(体の前面が正面のものもあります) 顔はまっすぐ前を向いたのと,少し横を向いたものとがあります(右の像は少し左向きに,左の像は少し右向き)

南方八幡宮は, 先に掲載した北方八幡宮とは,本は一社で南北に分かち祀られた神社です.狛犬さんの置き方に何か理由がありそうです.

1598_minakata_1un_r

1414_minakata_1a_l

(嘉永二己酉三月吉日 建立)

|

« 大歳神社の狛犬 | トップページ | 南方八幡宮 二の狛犬 »

山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大歳神社の狛犬 | トップページ | 南方八幡宮 二の狛犬 »