« 招魂社の狛犬 | トップページ | 天満宮 二の狛犬 »

天満宮 一の狛犬

(所在地:廿日市市 天神)

7459_tenmanguh_a

7463_tenmanguh_un

(元治元年十二月 建立)

玉乗り狛犬さんですが,広島型ではありません.吽形は一角獣で角があります.顔は阿吽共に平面的に彫られています.阿形の口は能面や神楽面に見られる般若の口の切り方です.尻尾は大きく五つの巻き毛で,四つの巻き毛が腰を覆っています.玉に牡丹の花が彫刻されています.磐台の彫刻は,吽形は横から見た牡丹を,阿形では上から見た花です.また格子狭間架台の脚に縁取りの線刻が見られます.

一見,浪花風を思わせます.関西で造作されたものではないでしょうか.

|

« 招魂社の狛犬 | トップページ | 天満宮 二の狛犬 »

広島県廿日市市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 招魂社の狛犬 | トップページ | 天満宮 二の狛犬 »